太るプロテインランキング@一番太るプロテインのおすすめは?

太る プロテイン

 

太るプロテインの条件は?

 

痩せたいと考えている方が多いのは誰もがご存じのことでしょう。しかし、なかには太りたいと願っている方もいます。太りたくても太ることができないという体質の方もいるのです。痩せすぎていると見た目は弱々しくなり、不健康そうな印象を与えがちです。

 

また、スポーツに取り組んでいる方は体重が多い方が有利となる場合もあります。そこで効果的なのが、太るプロテインの摂取です。プロテインのなかには、体重を増やすことを目的としたものも販売されています。では、太るプロテインとはどのようなものなのか、その特徴を見ていきましょう。

 

炭水化物が多く含まれている

 

プロテインといえば、たんぱく質が多く含まれていることで知られています。たんぱく質は筋肉を作る際に欠かせない成分であり、これを摂取することで効果的に筋力増強を行うことが可能となります。

 

しかし、増量のためのプロテインの場合は、たんぱく質よりも炭水化物が多いという特徴があります。体重を増やすためには、炭水化物の摂取が重要となるのです。

 

気になるカロリー摂取量は

 

体重増量のためには多くのカロリーを摂取することが大切です。太りにくい体質の方は体内のエネルギー吸収効率が低い傾向があるので、太るためには多くのカロリーを摂取しなくてはなりません。よって、太るプロテインは摂取カロリーについても考慮すべきです。

 

ただし、国内で製造されている増量用プロテインは100kcal程のものがほとんどです。一方、海外産のプロテインは900kcalを超えているものもあります。

 

たんぱく質の含有量は少なめ

 

筋肉をつけることも体重増加につながります。そのため、たんぱく質を摂取することも大切です。上記のように、一般的なプロテインと比較すると太るプロテインはたんぱく質が少なめですが、それでも20%程度を占めています。

 

太るために「吸収力」が大切!

 

 

痩せすぎに悩んでいる方は多くいます。痩せたいと思ってもなかなか痩せることのできない方がいるように、太りたいと考えても太ることができないからです。

 

しかし、こうした方々でも体重を増加させる方法はあります。それは栄養の吸収力を向上させることです。では、なぜ太るために吸収力が大切なのか、見ていくことにします。

 

太りにくい体質は吸収力の低さが原因

 

太りやすい体質の方は、同じような量の食事をしているのになぜ自分だけ太るのだろうと考えますが、これは痩せすぎ体質の方も同様でしょう。こうした体質の方は、なにも食事量が少ないわけではありません。しっかりと食べているのに太らないのです。

 

この理由として考えられるのが、栄養吸収力の低さです。通常、代謝されるエネルギー量よりも多いカロリーを摂取すればおのずと体重は増えていきます。しかし、体内のエネルギー吸収率が低いと、多くのカロリーを摂取しても太ることはできません。

 

そのため、このような体質の方は痩せがちとなってしまいます。したがって、体重を増やすためには体内の吸収力を向上させる必要があります。

 

吸収力を上げるためには

 

栄養の吸収力を向上させる方法として、酵素の摂取があります。酵素を多く含む食材を積極的に食べることで吸収力は高まり、体重の増加につながります。

 

酵素が多く含まれるのは、納豆やキムチ、ヨーグルトといった発酵食品です。また、キャベツや大根といった野菜のほか、バナナ、キウイなどの果物にも酵素が含まれているので、積極的に食事に取り入れるようにしましょう。

 

そして、よく噛んで食べることも大切です。噛むことによって、食べた物が細かくなって消化しやすくなるうえ、胃や腸の働きも活性化するため、吸収力も向上します。

 

ガリガリ、痩せ体質の人はストレスに弱い…?

 

太りにくい体質に悩んでいるという方は、ストレスに要注意です。ストレスは人体に様々な悪影響をおよぼしますが、これは体重を増加させる場合にも当てはまります。ストレスが痩せがちな体質の方をより太りにくくさせてしまう可能性があるのです。

 

そればかりか、ストレスが原因で以前よりも痩せ細ってしまうということも考えられます。では、なぜストレスがこうした結果をもたらすのでしょうか。ストレスが太りにくい体質の方に与える影響として、以下のものがあります。

 

食欲不振につながる

 

ストレスというと暴飲暴食など、むしろ体重増加につながるという印象があるかもしれません。しかし、ストレスが及ぼす影響は人によって異なります。ときには、ストレスが食欲不振を招くというケースもあるのです。

 

その場合、痩せ体質な方は体重増加がさらに困難になりますし、ときには体重の減少にさえつながります。そうなれば、ただでさえ痩せがちな方は健康面でかなり危険な状態となるでしょう。

 

胃腸の働きを弱める

 

胃や腸といった臓器は栄養を体内に吸収する働きがあります。ただ、痩せ体質の方はこの機能が弱い傾向があるため、太りにくくなりがちです。よって、体重を増加させたいという方は胃腸の働きを高め、栄養を効率的に吸収できるようにしなくてはなりません。

 

しかし、胃腸はストレスによって影響を受けやすい臓器です。強いストレスを感じるとこれらの臓器の働きが弱まります。そのため、栄養の吸収力も弱くなってしまい、体重を増やすことが難しくなるのです。

 

ストレスによる睡眠不足も問題

 

ストレスは睡眠にも悪影響を及ぼします。ストレスが原因で睡眠不足となるケースがあるからです。睡眠不足も食欲不振や胃腸の働きを弱める原因となりますから、注意が必要です。

 

太るプロテインの選び方は?

 

体重増加に有効な太るプロテインですが、その選び方には気を付けましょう。効率よく増量するためには、より効果的なプロテインを選ぶ必要があるからです。当然ながら、含まれる成分やその含有量には製品によって違いがあります。

 

そこで、太るプロテインを選ぶ際に注目すべき点について紹介していきます。太るプロテインを選ぶ際には以下の点に注目しましょう。

 

成分の含有量に注目

 

プロテインにはたんぱく質が豊富に含まれています。プロテインの主な目的である筋力の増強にたんぱく質は欠かせないのです。

 

しかし増量のためのプロテインを選ぶ際は、たんぱく質よりも炭水化物の含有量に注目すべきです。太るプロテインは炭水化物が多く含まれていることが特徴といえます。炭水化物はカロリーが高く、体重を増やすのに効果的だからです。

 

ただし、筋肉量を増やすことも体重増加につながりますから、たんぱく質も軽視すべきではありません。そのため、たんぱく質の含有量にも着目し、なるべく多く含まれているものを選ぶべきでしょう。

 

含まれる栄養素もチェックすべし

 

太りにくい体質の場合、天敵となるのがストレスです。ストレスは食欲の低下をもたらすなど、体重増加に悪影響を与える要因です。

 

よって、太るプロテインを選ぶ際は栄養素にも注目しましょう。プロテインによっては、ビタミンB群などストレスを抑える働きのある栄養素を含んでいるものもあります。

 

また、食欲を増進させる成分も大切です。ビタミンB1には食欲を増進させる働きがありますから、体重増加に欠かせない栄養素です。

 

太るプロテインの飲み方

 

太るプロテインは飲み方にも気を付けましょう。間違った飲み方をしていると、せっかくの効果が薄れかねません。そこで、太るプロテインの効果的な飲み方について、見ていくこととします。太るプロテインを飲む際は、以下のことに気を付けましょう。

 

太るプロテインを飲むべきタイミング

 

太るプロテインは飲むタイミングに注意すべきです。例えば、食事の直前に摂取してしまうことは避けましょう。食前にプロテインを飲んでしまうと、それだけで満腹感が得られてしまい、全体的な食事量が減少してしまうからです。

 

では、プロテインはどのタイミングで飲むべきなのでしょうか。まず、食事と一緒に摂取する場合はすべてを食べ終わった後で飲むようにしましょう。そうすれば、食事量が減ることもありませんから、効率よく増量できます。

 

また、空腹の状態が長引くことでも体重減少につながります。よって、食事と食事の間や就寝前に飲むという方法も有効です。

 

なお、太るプロテインには量や回数に決まりはありません。メーカーの提示する目安を参考に、各自調整して飲むと良いでしょう。

 

プロテインは何と混ぜて飲むべきか

 

プロテインは、水もしくは牛乳に混ぜて飲む方法が一般的です。ただ、プロテインを飲む習慣のない方はどちらで飲むべきか迷うという場合も多いでしょう。

 

体重を増やしたいと考える方なら牛乳に混ぜて飲むべきといえます。牛乳にはたんぱく質をはじめとする多くの栄養素が含まれますから、これに溶かして飲むことでプロテインの効果も高まります。

 

加えて、飲みやすいという点も牛乳の強みです。水の場合、どうしても味が薄くなりがちであり、おいしくないと感じる方が多いようです。そうなると長続きはしなくなりますから、この点からも牛乳の方が無難といえます。

 

ただし、牛乳が苦手という方は別です。その場合は、豆乳やスポーツドリンクなどに溶かして飲むと良いでしょう。

 

太るプロテインを飲み続ける目安の期間は?

 

痩せすぎを改善するため、太るプロテインに興味を持っているという方は少なくないでしょう。しかし、こうしたプロテインの購入を検討している方は、どれくらいの期間飲み続けるべきなのかと疑問に思うことも多いのではないでしょうか。そこで、太るプロテインを飲み続ける期間について、見ていくこととします。

 

体重の増え方は人によって異なる

 

筋肉増強を目的としたプロテインの場合、はっきりとした効果が表れるのは3ヵ月程度のようです。よって、こうしたプロテインは3ヶ月を目安に飲むべきといえます。

 

しかし残念ながら、太るプロテインは飲み続けるべき期間を一概に表すことができません。なぜなら、体重の増加量は体質などによって個人差があるからです。

 

まずは体重の目標を定めることが大事

 

では、プロテインの継続期間を知る術はないのかといえば、そうでもありません。目安となるおおよその期間を計算することは可能です。

 

プロテインを飲み続ける期間を知るために、まずは目標体重を設定しましょう。そして、太るプロテインを飲んで以降の体重の変化を記録します。これにより、目標達成までにかかるおおまかな期間は計算可能です。もちろん、体重の増え方は一定ではありませんから、あくまでも目安として考えておきましょう。

 

体重を増やすためには継続が重要

 

痩せすぎを気にしている方は、早く実感を得たいと考えるかもしれません。ただ、プロテインは飲み続けることが重要です。

 

体重の増加量は人によって異なりますから、太るプロテインを摂取していてもなかなか結果が得られないというケースもあります。しかし、結果を焦るあまりに途中で断念してしまっては、いつまでたっても体重の増加は実現できないでしょう。思うような結果が得られなくても、継続して飲むことを心がけるべきです。